上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
みなさんこんばんは。

シシャモチャンです。

冬真っただ中ということで、今回は温まるのに使えるオンラインラボのメニューをご紹介します。

それは。。。「フォトマグ!」

イヤもちろん「Tシャツ」も重ね着すればそれなりに温かいんですが、そういわずお気に入りのお写真で、マグカップを作ってくださいな。コタツで写真を撮ったときを思い出しながら温かいココアでも飲んでもらえれば、きっと冬の寒さもまんざらじゃないはず

したがいまして、若い男女が今のお付き合い相手と一緒に写った写真で作るのは、それほどお勧めしません。お二人の結果によっては粉々にされるというのはかわいそうですから。。。ご結婚後につき合った頃の思い出としてぜひお作りくださいね。。

ちなみに私はこんな感じ

c8b9.jpg


これは、先日現役を引退した「メイショウサムソン」を撮った写真で作ったマグカップです。

メイショウサムソンは決して名門の血統ではなく、家族経営の小さな牧場の出身。どちらかと言うと「雑草」と言う呼ばれ方がしっくりくる、ガッツにあふれた馬でした。
最終的に賞金10億円を稼ぐこの馬の販売価格はなんと700万円。いかに最初の期待が小さかったかがうかがえます。(ライバルだったアドマイヤムーンも1600万円と激安で12億円近く稼いだため高コストパフォーマンスライバルかな)ちなみに、同期の2歳チャンピオン「フサイチリシャール」は9900万円、

そんなメイショウサムソンですが、3歳では皐月賞日本ダービーを制し、4歳では秋の天皇賞を制するという活躍を見せました。
1歳違いの活躍馬「ディープインパクト」のように圧倒的な勝利が少なく、「粘りこむ」「何とか抑える」といった勝ち方が多く、才能よりも根性を感じさせるタイプのシヴイ馬でした。
そのメイショウサムソンの結果的に最後の勝利となった【2007年天皇賞秋】がこの写真です。
このレースではG1でのメイショウサムソンには珍しく、2着に2馬身半差もつける圧勝劇でした。

ただ、このレースでは最後の直線でよろけた馬他の馬にぶつかり、その馬がまたほかの馬にぶつかり、追い込み自慢の馬たちが全く伸びてこなかったため予想外の楽勝となりました。



でも、らしくない勝ち方をすると良くないのかな。。その後メイショウサムソンは1勝も挙げることなくターフを去ります。
途中で主戦騎手が代わったり厩舎が代わったりしても精一杯走り続け、大きな故障も長期休養もなくずっとG1戦線で活躍したメイショウサムソン700万円の値打ちとの評価を覆したその活躍によって、きっと君の子供たちは手厚く扱われることでしょう
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://onlinelab.blog111.fc2.com/tb.php/95-caa2f2f3

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。